Tamiya 77502 1/700 British Rodney Battleship Plastic Model Boat Kit

(10 customer reviews)

$25.55

Last updated on February 23, 2024 6:18 am Details

Description

  • Kit is 12.3 Inch long
  • Name plate included with kit
  • 1/700 Scale Warship

Create Your Free Price Drop Alert!

Price History for Tamiya 77502 1/700 British Rodney Battleship Plastic Model Boat Kit

Additional information

Brand

TAMIYA

Color

Navy

Theme

Vehicles

Item Dimensions LxWxH

12.63 x 4.38 x 1.5 inches

Material

Plastic, Steel

Included Components

Tamiya 77502 1/700 British Rodney Battleship Plastic Model Boat Kit

Item Weight

0.01 ounces

Number of Pieces

1

Model Name

1/700 British Rodney Battleship Plastic Model Boat Kit

Product Dimensions

12.63 x 4.38 x 1.5 inches

Item model number

TAM77502

Is Discontinued By Manufacturer

No

Manufacturer

Tamiya

Date First Available

September 22, 2012

10 reviews for Tamiya 77502 1/700 British Rodney Battleship Plastic Model Boat Kit

  1. Zachary Miller

    The quality of the plastic is absolutely phenomenal, although paint doesn’t like to stick to it well so I’d recommend using an airbrush! But still, this is a great model, and it was my first Tamiya kit

  2. JM’s Momma

    Fun to put together. A recommended buy

  3. user

    とにかく変態的な主砲の構成なので買ってみました。大きさは重巡なみてパーツも少なめでした。素組でしたが塗装は迷いました。ロドネイのだと複雑で失敗しそうな予感がしたので姉妹艦のネルソンのにしました。ごめんねロドネイ

  4. Lisa L.

    11 year old put together by self. Great model

  5. Jerry Zhao

    It’s the perfect kit for a beginner like me.no frustration with any parts highly recommend it

  6. Jerry Zhao

    Good model for the price

  7. Stan samuel

    DETALLES PERFECTOS, ESCALA IDEAL PARA GUARDAR, EXCELLENT BATTLE SCALE SHIP!! IMPRESIONANTE…AWESOME!!! ESCALA PERFECTA PARA COLECCIONAR…COLECTABLE!! TAMIYA THE BEST PLASTIC SCALE

  8. Patricia Odgers

    Great model for building. So many other 1/700 scale makes this a good choices for build. Would recommend. Pleased with the finish product.

  9. user

    三連装砲塔の主砲を3基、艦橋の前方に配置する独特のプロポーションを持つ英戦艦ロドネイ。
    重量感あふれるこの船のウォーターラインを最初に作ったのは今から30年前でした。再制作に挑戦です。
    当時付属していた接着剤は別売りですね。現在の常識ですので仕方ありません。

    当時と金型が違うかどうかは不勉強で知らないのですが、砲塔は最近主流のプラキャップを軸にはめ込む事による可動ではなく「焼いた釘を軸の裏から押し付けて下さい」という原始的な指示でしたので、旧金型なのかもしれません。
    ちなみに、他のウォーターライン(軽巡洋艦時代の熊野)制作であまったプラキャップを主砲に流用したらキチンとはまりました。

    甲板はタミヤカラーのデッキタン、艦体はライトシーグレイという塗装指定(進水初期)。別に、迷彩図と塗装指示も設計図に載っています。
    いずれにせよ、甲板には微細な構造物が多いですので、これの塗り分けが大変。エアブラシ派はマスキングに、筆塗り派は細筆での塗装に1〜2日はかかると覚悟しておきましょう。加えて甲板と艦体が一体構造ですので、甲板の縁の部分の塗り分けにもかなりの神経を使います。
    また、艦橋構造物は入り組んでいて組み付け後は筆や塗料が届きにくくなりますので、塗装手順をじっくりと練ったほうがよさそうです。
    この艦橋を含めて、副砲、機銃などゴマ粒大の部品がとにかく多数。往年のプラモ少年が再挑戦する際にはルーペと精密ピンセットもご準備下さい。

    ともあれ、組み上げると非常に均整のとれた艦影が出来上がります。お奨めです。

  10. ernesto jaime lopez

    数十年ぶりにプラモデルにはまっています。子ども心にその形が不思議だったロドネイを組み立ててみました。塗装も接着も乱雑ですが、特に困ることなく完成することが出来ました。
    細かいパーツが多いのでピンセットで挟んだりランナーから切る時に何度も何度も散逸させましたが、根性で全て見つけ出しました。

Add a review

Your email address will not be published. Required fields are marked *